デザインと意匠

意匠権によるデザインの知的財産権化‐特許・商標との対比

意匠デザインは最終的には物品の外観として表現されます。

本や絵画などの場合には著作者表示が比較的容易であるのに対してデザインの場合には誰が権利者なのかを表示されない場合が多く、デザインを適切に保護することが困難な場合があります。


この様なデザインを保護する制度として意匠法があります。デザインを意匠登録することによりデザインを意匠権として保護することができます。

意匠権の場合は物品とデザインとを一体のものとして考えます。このため物品を離れたデザインのモチーフ自体は権利保護の対象とはならない限界もあります。

しかしながら意匠権に限界があるから無意味という訳ではなく、著作権、商標権等による知的財産権の集合体によりデザインを適切に保護していくことが可能になります。

意匠権と知的財産権

知的財産に関連するウエブサイトのリンク集です。

デザイン意匠のRSS最新関連速報


デザイン意匠の外部RSS参照リンク